WITHIN THE STONE
ビル・アトキンソン作品集
 

FMスクリーニングは、従来の網点配列の規則性がなく、一定サイズの微少ドット(点)が疑似ランダムに配置され、その密度によって画像の濃淡を表現します。

干渉モアレが出来にくく、細かいディテールや、なめらかなグラデーションが再現できるこの技法を応用し、ビル・アトキンソン氏の写真集『WITHIN THE STONE』では、一般的な網点より極小な20マイクロメートルのドットで超高精細な写真再現技術を開発し、通常のオフセット印刷の約1.5倍の濃淡表現を可能にしました。