品名:2011源氏カレンダー
 

通常の印刷物には当然の事ながら自然界のような光のきらめきも色の変化もありません。
それを可能にするのがデフラサーモ印刷です。?わたしたちは箔メーカー中井工業(株)の協力を得て従来不可能といわれていた 箔押の上への印刷を可能にし、光のある印刷を実現しました。
微細なラインパターン箔押と多色印刷が高度に融合した全く新しい印刷技術を施す事で、 視覚の変化により「輝き」と「色彩」がさまざまに変化するため、従来の印刷物に無い視覚アピール性を生み出します。
こうしたデフラ印刷は現在、カレンダー、色紙、トレーディングカードはもちろんパッケージなどにも使用されています。

■デフラサーモ印刷について(詳細)
角度を変えることにより、色が変化してみえるこの印刷方法は、近年特殊印刷加工が増えている中、ホログラムのような色変化や、 質感、立体表現(エッチング)を兼ね備えた印刷技術です。
通常の箔押し加工では、印刷後に箔押しを行い、多色が必要な場合には材料の箔の種類を変え、数回に分けて箔押しが必要でした。
このデフラサーモの技術を用いると、最初にエンボス箔押しを押し、その上に印刷を重ねる事ができるため、多色でも1パスが可能になります。
(コストの削減にもつながる手法です)